--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'03.23.Tue

またミトンです

またミトンです

パターン:「Chevalier Mittens

使用糸:ミニスポーツ(パピー) 
使用針:6号輪針

Ravelryで見つけてずっと気になっていたパターンです。
この模様はどうやってるのかなって
チャートを見ながら編み進めていったら
おぉ!ヘリンボーンのような斜めの模様が浮き上がっているではないか。
ちょっと感動しました(笑)。
8~10号で編むような極太糸を6号でギュウギュウに編んでいるので
この模様を編むのがちょっとツライ。

でもマジックループで編めるので、まだ気が楽です。
同じものを2つ続けて編むのって
どうしてもテンションが下がるので、
マジックループが使えない場合は
片方が編み上がった瞬間にもう片方のCast onですよ。
でも80センチの輪針は少し無理矢理感があります。
100センチあれば余裕なんだけど・・・。

このミトンは妹にクリスマスプレゼントで渡す予定。
父にはフェアアイルのベストを渡そうかなぁ。
母にはショールとか巻き物かな。
まぁ、自分が編みたいだけなんですが
果たしてクリスマスに全員に渡すことが出来るでしょうか。
最近は仕事が忙しいので編む時間が取れずにいますが
9ヵ月後なら何とかなるかな?
スポンサーサイト
編みもの 2010:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'03.04.Thu

Anemoi Mittens

Anemoi Mittens

パターン:「Anemoi Mittens」 from 「See Eunny Knit

使用糸:2 Ply Jumper Weight(Jamieson & Smith) 
使用針:2.5、3ミリ輪針

完成したのは前回の記事の数日後。
天気と自分の都合がなかなか合わなかったけど
昨日やっとジャバジャバ洗えて干して完成です。

カフ部分の1目ゴム編みの配色が変わっていたり
側面に裏目が1列入っていたり
興味引かれる事がたくさんあるミトンでした。
でも、チャートから目の離せない模様って大変ですね。
よく「ながら編み」をするんですが
これは全く出来なかったです。
編み込みって間違えたらその段だけ縦にほどいて・・・って
出来ないから慎重に編みました。
おかげで模様は間違えてないんですけどね・・・
分かりますか?
・・・親指の先だけ色が違うのですよ・・・。
こげ茶の方の色が両手の親指の先だけ薄いんです。
編む前は余り違わないと思ったんですけど
ロットが違うとずい分違うなぁ。
今まで編んだ嶋田さんのフェアアイルのキットの
残り糸を使って編んだのですが
足りると思ってたら足りなかったと言うありがちな事をやらかしました。
で、去年Jamieson & Smithから直接買った
多分同じ色番であろう糸で編んだのです。
もう自分のだから気にしないでおこう。

シェトランドヤーンはメリノやアルパカなどに比べると
ガサガサの質感の素朴な糸なのですが
洗って少し柔らかくなって
使い込むとふんわりとさらに柔らかくなってと
変化していくのがとにかく気に入ってハマってしまいました。
凝り性の私は冬眠前のリスのように
せっせせっせとシェトランドヤーンを貯め込んでいます。
キットもあるし、今では相当な数になっていますよ。
ふふふ・・・。
たまに並べて一人で悦に浸っています。
完成品 2010:  トラックバック(-)  コメント(-) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。